Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
助ける事のできない人々
「せんせ〜い、どう・しらた、ストれす、とれますかねぇー」
「やっぱぁー、酒のんで、しごとぉしたら、まずぃい、すかねぇー」

目は完璧にうつろだ。。。
からだも、フラフラしている。。
太極拳のレッスンも完全にしているのか、していないのか、意識が朦朧としている感じ。。

彼は、学校の先生だ。。。

だめだ。。
どうしても、彼を助けられない。。
対処方法は、いっぱいあるが、、本人の意思なくして、無理なのでは、、、
あとは、この人の為に、誰か完全にワンツーマンで、
厳しく指導するしか、、道がなにのでは、、、

どうしたらいい?
このままいくと、彼は危ない。。。

そんなような近い人が、あっちにも、こっちにも。。。

わかる。。。
わかる。。その気持ち。。

いつも、知らない間に、気持ちがよくない事を考えてしまう。
いつも、明るくいたいのに、まるで、脳にお湯をかけられているかのように、
前頭葉が締め付けられるかのようで、心が締め付けられる思い。。

対処方法が、あるのに。。。
私はどんなに現実が苦しくても、ひとたび瞑想すれば、
絶対的な幸福感をいつでも味わうことができるようになった。。

自分だけ。。。
自分ひとりだけは助かっている。

どうして、こっちは助かって、あっちは助からない。。。
なぜ?
その違いは?

そして、同じ様に、助かっている人が、私の周りにごく数名。。。
なにが、ちがうか??

まずは、、、基本的に
posted by: 山田 充宏 | 日々の中で | comments(0) | trackbacks(0)









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック