Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
雑感
 皆さん久々の更新で本当にごめんなさい。。。。
大会が押し迫っていますが、、、

その中で、先週はとてつもない心の飛躍がありました。。
とても不思議な体験でとても恐ろしい体験でしたが、その件もまた後日に。。

今日は、すばらしい出会いをしてとても気分が洗われたので、
なんとかその気持ちが覚めやらぬうちに、この「日々の中に」に残したいと思い、
1:40ですが、がんばってUPしたいと思います。

今日は、夕方から時々太極拳を指導している作曲家の方の紹介で、目の不自由な方へ太極拳を指導しました。
メンバーは全部で5人。
いつも親しくしているご夫婦の会員さんと太極拳をとても熱心にされている作曲家の方、そして
日本でただ一人の盲目のフルート演奏家のT川君と盲目のソプラノ歌手のOさんの5名で太極拳をしました。
(目の不自由な方は2名)

盲目の方への指導は初めてでしたが、太極拳の真髄の前では全く関係がありません。
指導への不安はまったくありませんでしたが、当人の気持ちが頭でわかっていても
完璧には気持ちを理解することは難しいと思い、失礼な言動をしなければ、と気を引き締めました。

盲目の方のお二人以外はあったことがありますが、その方々にも得る物を伝えたいと思い、
「太極拳の本質の練習」をしました。

何をしたかというと「イメージ」トレーニングと気功法をしました。
健常な人と目の不自由な人との差はそんなになかったですが、
目の不自由な方の特徴はやはり意識が広い事でした。

普通の人は目が見えるので、目の見えるところしか意識していませんが、
目の不自由な人は、自分を中心に半径○○mぐらいまでをいつも意識してできているという事。。

昔の武術の修行方法と同じですが、「一点を見ず周りを見る訓練をする」があります。
いわゆる「八方目」というやつですが、これは太極拳と同じです。。。
詳しい事はまた別の機会にしますが、やっぱりすごいなーと思いました。

そして、今日の出会いがとてもうれしかった理由に、久々に強い心を持っている人の出会えたからでした。
「目が見えない」というとてつものない業を受入れて、そこから素晴らしい人生を見い出している!
彼らと会話して悲愴な気は一切出ていない。
苦労しながら明るく、生活を楽しんでいる強い気がにじみ出ている。

そんな彼らだから周りはほっとかない。
彼らの後援会ができたり、すばらしい舞台で音楽の発表の場をもらったりとプラスがプラスを呼んでいる。。。

心から尊敬できる仲間に会えた素晴らしい一日でした。

私の課題はその素晴らしい人達と、我欲だけの小さな悩みの人(自分を含む)と比べないようにする事。。。。。。
彼らのような極限で闘って前向きにいける人は少ないのだから。。。
小さな我欲の悩みだとしても、それは当人には大きな悩みなのだから。。。

だれも見捨てられない。。。
自分も見捨てない。。。

posted by: 山田 充宏 | 日々の中で | comments(0) | trackbacks(0)









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック