Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
大殺界

占い大ブームだそうで。。。。。
占いをしている人からや霊感の強い人から(約10人ぐらい?) 今年と来年はあまり良くない年で、
がんばっても結果が出ない年なので、今は新しいことをせず力をためなさい。 と。。。
だいたい同じような事を言われ続けています。

 

うーん。。
確かによく考えると流れが明らかに悪いのは、ずっと感じていたけど。。。
それが運勢のせいかどうか、イマイチはっきりとしなかったことだったのですが。。
運命が流れが悪いとはっきりとわかってから、
<運命を劇的に変える方法>を実行するようにしました。

私も運命の流れを知る為に、占い(特に観相学)を学ぼうと思いましましたが、
調べれば調べるほど、占いがいかに知ってもしょうがない事かつくづく思い知らされました。

宿命にしろ運命にしろ、知るのは大事だけど
大事なのは知ってからどうしたらそれが改善されるのか?
また、占いではダメだと出ていても何かの解決策を行えば自分の行きたい方向にいける方法は無いのか?
そういったことに、占いはまったく答えられない。
せいぜい、「おとなしくしてろ」か「我慢しろ」「努力して時をまて」とのこと。
また、運勢的にとてもいい年であっても、その人自身の行いが悪ければ悪い年になるとか。。
まったくもって安定せず、不確かで曖昧で気休めに過ぎないことに気づきました。

多くの人が占いに求めるものは、、、、、ずばり!「第三者からいい事を言ってもらいたい!」と言うだけの話。

だからみんないい事は信じるけど悪い事は信じない。
占いが当たるとはほとんど信じていない。

が、ほとんどではないでしょうか。。。

私の知り合いでとてつもない霊感が強く占いがとても当たる超人気の占い師さんが言っていました。。
「すごいパワーを持った人でも、80%の確率だ」との事。。。
つまり、占い師のトップでされ100%ではないとのいうこと。。
と、言う事は、占いの言葉で一喜一憂するのは間違っているのでは??
ましてや、人生の判断をするのはどうかと。。。

占いはほどほどに。。。。

さて、、
かなり以前にある霊感がある人に占いをしてもらう機会がありました。
その時に。。。
「あなたに占いをしてもしても意味がありません。」
「あなたはどんな状況でも自分で未来を変えられる人です。」と。。。

特に嬉しい気持ちになったわけでもなく、自慢げになったわけでもなく。。
ただ、「あたりまえ」だと思った。

大分前に運を完全に克服できる知識を確立していて、
運をマイナスから、すごいプラスにする方法を掴んでいたからです。

人の運が悪くなる理由は大きく分けて4つ

・ 不摂生で自分自身の肉体と精神の疲れからくる気の流れが悪くなる事によるもの (厄年などもその一つ)
・ 一つは、その時の想念(日常のこころの状態)が悪い事により、悪い事をひきよせてしまうもの
・ 人生の多くの時間を過ごしている自分自身の拠点である家の風水が悪い
・ 第三者による悪い念を受ける事によって自分自身の念が乱れる事。対人関係による精神のぶつかり合いもその一つ

以上の原因がわかれば、どうしたら運が良くなるかは、おのずとわかることでしょう。
具体的方法は長くなってしまうので詳しくは記載できませんが、
確実に運があがる2つの方法を紹介します。

/佑喜ぶ事をする。善意有る無償の行為をする。(食事を減らすもこれに含まれる)
朝日を浴びる

他にいくつかありますが、速効性があり確実に大きく運をあげるにはこのふたつが手っ取り早いでしょう。。
特に,亡悗靴討録事をコントロールするととてもつもなく快調になっていくのが
目に見えてわかるでしょう。

運がよくなってきているとはっきりと判断できるのは、運が上がってくると、小さいラッキーが頻繁におこってくるはずです。
いい事が重なってきます。

運に左右されず、運をコントロールして、目に見えない不安を自分自身で克服していくのは
とても安心と根がしっかりとした人生が送れるのではないでしょうか?

posted by: 山田 充宏 | 日々の中で | comments(0) | trackbacks(0)









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック