Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM
思い込み
 今日、いつも親しくしている方からこんな言葉が。。。
「こないだ先生が怖い顔をされていて、私が何かしたのかすごく悩みました」
「先生がそんな顔されているのはびっくりしました。驚きです。」とのこと。。

まったく身に覚えがなかったので、驚いてしまいました。
その人に悪いイメージはなかったし、普通のつもりだったので
気づかないところで人にショックを与えていた事にびっくりしてしまいました。

でもそういう気づかないうちに人を傷つけてしまう行為は、
人といっぱいあっていると実はよくあります。

うそのような本当によくあることで、

目の前に、よく知っている人が目の前を通過しても、
他ごとを考えているとまったく気づかず挨拶をせず、無視して素通りしてしまう事があります。
自分ではまったく悪気がないのだけれども、
素通りされた人は「なぜ、無視されたのか!??」
「もしかしたら先生は私のことを嫌いなのでは?」とか「なんて失礼なやつだ!」と
嫌われてしまって当然でしょう。
それはほんの一例ですが、なにげない一言で傷つけてしまっている事などもあります。
極力、気を付けているのですが。。。。
無意識や不可抗力が多いと思いますので、みなさん何かありましたらごめんなさい。。。

僕は人とすれ違いガ起きないように常に言葉に出す事を心がけています。。
簡単に言うと、「なんでさっき無視したの?」とか、ムって思った事や疑問に思った事は
自分なりに解釈せず相手に直接聞きます。
本当の答えをいえない状況があると思いますが、それは相手のボディーランゲージで確認すればわかること。
それでだいたいすれ違いがなくなって、相手との関係はどんどんよくなっていきます。。
でも、普通なかなかはっきりと聞くのには勇気がいってむずかしいかもしれませんね。。。。。
あとは、思いやりしかありませんね。。

人は、完璧ではありません。
人と接するときは、「○」 を意識するとよいと思います。
人は当然良いところと悪いところがあります。
そして、その悪いところはその人の調子や環境によって出てきます。
普通、感情には波がありますよね?
ですから、人の悪い部分とぶつかってもよいところ(全体)を見てあげるように強く心掛ける事です。
しかし普通の人は○の一部分、とても綺麗な部分だけを見て
その人の性格を創造してしまっていることが多いと思います。
女子高生などの若い人がアイドルなどを想像する感覚と同じでしょう。

それは、非常に危険です。

その綺麗な部分だけを見て接したきた人は、ある日不安定な相手の悪い部分を見てしまうと、
「なんて奴だ!」「そんな奴だと思わなかった!」「二度と関わらない」と憤慨してしまう人が多いです。
その○の一部分の悪いところが、全部「悪い」に変わってしまい、「すべてが嫌」になってしまうようです。
その考え方が結構大人の人にも多いなと、たくさんの人にお会いしてよく思うこの頃です。

人を球体である「○」としてとらえ、人の悪い部分を含めて相手の事を好きになってあげる。。。

それが本当の思いやりではないでしょうか。。。。

どんなすばらしい人、善人でも悪い心や汚いところがいっぱいあります。
でも、すばらしい人や達人はそれをコントロールして流されないようにしているのです。
相手の事をよく知らないうちは、イメージをあまり肥大させないようにしましょうね♪

もっと広く、もっと心を広げて友達の輪を広げて すばらしい出会いを大切にしていきましょうね♪
人の出会いなしではすばらしい人生と成功はありえません!
posted by: 山田 充宏 | 日々の中で | comments(0) | trackbacks(0)









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック